夏休みツーリングの話~4の巻~


さて一本目、五波峠をクリアし、鹿にも遭遇しつつ(笑)ダウンヒル。
ノタノタと握力を消耗しつつ、一般道らしきところに到着です。
しかい、いかにも山奥っつ~感じですなぁ…。
藁ぶき屋根。
ええですなぁ。
のどかです。
のどか過ぎて、何もない!
 
さて、ここから今度は佐々里峠です。
ダウンヒルで比較的回復したつもりでしたが…。
やっぱだめですな(笑)
結局、この峠も途中で一回休憩。
途中で抜かれていったオートバイの排気音の響き方から「頂上までは、そう遠くない…はず!」
と思いつつ、蛇行しつつ頑張ります(笑)
でも、道幅広くないし、蛇行しても楽って感じがしないんですよねぇ(^^;
頂上の看板を記念に撮影。
ちなみにこの時点で、水の残量が少なくてヒヤヒヤしておりました。
五波峠~佐々里峠間にキャンプ場?の様な施設があり、そこに自販機もあったのですが。
中途半端に水が残っていたので、セコくも購入をスルー。
ヤバイヤバイと思いつつ、いざとなったら、そばを流れる綺麗な小川に飛び込んでやる、と思っていました。
マスが釣れるらしい、綺麗な小川なんですが…生水ですからねぇ。
やらなくて良かったと思います(苦笑)
 
佐々里峠を下り、人里が見えてきた頃、一個だけ自販機を見つけた時はホッとしましたよ(^^;
もっとも、そのあたりから、人家も増え、さらに進むと宿泊施設(青年の家みたいなもん???)もありましたので、そこの自販機でたっぷり補給。
最後の花背峠へとグダグダと進んでいきました。
写真?ムチャ言わんでください。
そんな余裕、既にありませんがな(笑)
 
いや~、既に脚は辛い状態。
幸い、痛みの類は左膝に少々あるくらいで、ごまかせる範囲。
途中、また1度…2度だったかな?脚を止めて休憩をいれつつ、花背峠を登り切りました。
鞍馬山の近くになるんですね、この辺は。
下りに入ると、流石に観光地が近いせいか、交通量が少々多くなってきます。
が、相変わらず道の広い所と狭い所があり、狭い所は相変わらず石やら枝やら…。
集中力が続かず、下りでも脚を止めて、ちょっと休憩。
結局、各峠で登り下り一回ずつ脚を止めて休憩いれましたか。
 
その後、京都市内を走っている方が、信号でのストップ&ゴーでイライラしたり、車の動きが、関東より自転車の事を考えていなかったり。
なんとも、乗りにくく街中の方がストレスがたまりましたが。
振動で吹っ飛んだ、リア用フラッシャーライトがお亡くなりになったりしましたしがっかり
 
市街地の道順に関しては完全にガーミン任せで、なんとか宇治駅前の宿まで辿り着きました。
ホテル内に自転車を持ち込む為に、輪行袋に自転車を入れるのが、かなり億劫ではありました(笑)
 
鯖街道、峠3本〆。
なんとか完走でございます。
その日のビール、美味しかったです(笑)
まったく、1人で何を酔狂な事をやっているんでしょうねぇ。
何はともあれ、ニューフレーム、タイム・バイブレーザーの魅力を堪能できたツーリングでした。
ホント、タイムって山走りに関しての魅力は噂通りでした。
グランフォンド的なツーリングがお好きな方、次期フレームの候補には是非タイムも!
損はさせませんぜ~クール
 
最後は営業で〆つつ、本日の書き手は五十嵐でした!
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。