読書の梅雨


 

 

最近、自転車ロードレースをテーマにした本にハマっております。

きっかけはふらっと立ち寄った大学生協でヒルクライマーなる本を発見したことから始まり、たまたまその日が発売日だったのでもちろん衝動買い。

これが読みやすいったらありゃしない。作中に登った事のある峠が出てきたり、練習コースを真似したくなったりと、坂馬鹿にはたまらん内容です。

中身は感動大作とまではいきませんが、程良く良いお話となっております。練習しすぎで家庭を疎かにするお父さんも出てきて、自分に重ねて読める人もいるのでは?

これに味をしめて、活字で自転車を楽しむのも良いなと思い、次に手を出したのが前々から気になっていた近藤史恵さんの「サクリファイス」。いつぞやの本屋大賞で2位になったり、いつぞやのツールで栗村修さんが絶賛していたのを思い出し、即購入。

どうせ流行りの自転車を題材にしただけで、どちらも中途半端なんだろうな~と思って読んでみると全然違う!!面白い事面白い事。今まで読まなかった事を激しく後悔。良い意味で期待を裏切られ、読んだ後はスッキリします。

自転車を知らない人が読んでも、普段本を読まない自転車馬鹿が読んでも楽しめる一冊ですよ。

続編のエデンも気になります。まだ高いので文庫化されるのを待つんですけどね。

自転車を題材にした本や漫画でオススメがありましたら教えてくださ~い。

アルバイト山田でした~

広告

1件のコメント »

  1. 通りすがり said

    「銀輪の覇者」という本が面白かったです。

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。